高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Musician / 音楽家

言葉を尽くして三味線の価値を伝えたい【三味線奏者 / 田村 花枝】

三味線奏者として活動の幅を広げている田村花枝さん。両親の影響で14歳から始めた三味線。伝統芸能の世界のジレンマや自分の方向性について悩まれた時期もあったそうです。三味線奏者という肩書きを持ちながら「世界青年の船」やアメリカの「ディズニーワールド」で働いた経験を通して、自分にしかない価値を見出してきました。どういった経緯で今に至るのか、その背景に迫りました。

三味線奏者 田村花織

両親の影響で伝統芸能の世界へ

私は5歳から日本舞踊と茶道を習っていました。我が家は男・男・女の三兄弟なので、待望の女の子が生まれたので、両親は習い事を何かさせたかったんでしょうね。

私が生まれたのは1986年。英語教育が流行りだしてきたころで「これからはグローバル化の時代!」といわれ、小さい頃から「英語をさせるのがステータス」のような風潮もあったそうです。
ですが、両親はグローバル化するからといって英語を選びませんでした。

「英語以前に日本の文化をちゃんと身に着けて発信する力がなかったら、英語をしゃべれても意味がない」だからこそ「何か日本的な習い事をさせよう!」と思ったそうです。
ちょうど実家の近くに日本舞踊の良い先生もいらっしゃったこともあって、5歳の時に日本舞踊と茶道を習い始めました。

両親いわく、「立ち振る舞いは一朝一夕では身につかない。大事なのは日々の積み重ねで、半年や数年習いに行って身に付くものではない。小さい頃から目に見えた成果がなくても必ず身に付くはず!と思って、習いに行かせた」とのこと。

そのまま茶道と日本舞踊は小、中学校と続けました。日本舞踊の先生も茶道の先生もとても気の長い先生で、私がどんなにサボったり、どんなにできなくてもずっと見ててくれました。そういった理由もあって、最終的には高校卒業まで続けることができました。

三味線との出会いは中学1年のとき。母親が高新文化教室で三味線教室を見つけ、家で練習していました。それを見て私も「オモシロそう!」と思い、中学2年(14歳)になった年に三味線を習いはじめました。

三味線奏者 田村花織三味線奏者として弟子入り

高校入学して1年のときには進路の話が出てきまして、私も進路をどうしようか悩んでいました。

そのとき、三味線の先生に「そろそろ進学や就職の話を言われるんですけど、私は三味線を続けたい。どうしたらいいんでしょう?」と相談しました。
三味線の先生は「では、大阪に良い先生がいらっしゃるから紹介してあげます。そこへ弟子入りをしたらどうですか?」と仰いました。
…「弟子入り!?なんてカッコイイ響きなんだ!」これしかないと思いました(笑)

二つ返事で「はい!それでお願いします!」と言ってしまいました。そうなると…ビックリするのは高校の進路指導の先生です。
「えっ?弟子入り?ナニそれ?Pardon??」と、とにかく驚いていらっしゃいました。無理もない話だと思います(笑)

「弟子入りはちょっと辞めたほうがいいんじゃないか?何の資格もないし職業を斡旋してくれるわけでもないし、リスクがあり過ぎないか?」と進路指導の先生は心配されていました。

ですが今さら大学のために勉強して適当な学歴をつけるよりも、自分の好きなことで力を伸ばしていったほうが良いんじゃないのだろうか…? まだまだ人生経験の浅い高校生ですがそのように思いましたので、卒業後に大阪の先生のところへ弟子入りしました。
高知を離れることになりましたので、卒業のタイミングで日本舞踊と茶道はやめてしまいました。

卒業後は3年半ほど大阪の先生にお世話になって、ずっと三味線の勉強をし続けていました。
19歳でプロになり、常磐津節で芸名を頂きました。それから21歳まで大阪に住んでいました。

三味線奏者 田村花織三味線から逃げたくなって家出を決意

三味線のプロにはなったけれど、まだまだ勉強中。稽古の日々でした。

ですが、21歳のとき、自分の中で三味線が嫌になってきていました。
上下関係や礼儀作法が厳しい世界だというのは承知の上での弟子入りでしたが、やっぱりそれでもツライと思うことが多くありました。

それと、三味線に限らず伝統芸能の世界が仕事が少なくなっている姿も目の当たりにして、「三味線の業界の未来はあんまり明るくないな…」とそのときに分かりました。
若気の至りだとは思いますが、その時は伝統芸能の世界にちょっと失望していました。

「あれ?これってひょっとしたら50年後くらいには無くなっている仕事なんじゃないの?」とさえ思いました

それに三味線が嫌になっていたというタイミングがガッチリ重なってしまって…「この世界は嫌だ。逃げたいな…。」そう思いました

先輩にも相談に乗っていただきましたが、ほとんど一人で悩んでいました。「自分は今の状況に対して何もできない。でもどうにかこの状況から逃げ出したい」と思い、本当に逃げてしまいました!

私は一人でタイに行きました。誰にも何も言わずに。貯めたバイト代で航空券を買って、宿は安いゲストハウスを予約。そして出発の日、私は空港で手紙を書きました。
「旅に出ます。さよなら。探さないでください。」と2通書いて、両親と大阪でお世話になっていた先生宛に、関西国際空港のポストに投函しました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS