高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Entrepreneur / 起業家

【やぎろぐ / 八木 仁平】働かないことを決めた。旅するプロブロガー

ブログ「やぎろぐ」を運営する新卒フリーランスの八木 仁平さん。大学在学中にブログを始め、1年半後には月間アクセス数は70万PV、月収は100万円以上に。第一希望のIT企業への内定も決まっていましたが、早稲田大学を卒業と同時に新卒フリーランスとして活動することを決断。
 
現在はブログ収益からキャンピングカーを購入し、面白いネタを発信しながら日本を巡っています。ブログを始めるきっかけから、今に至るまでの経緯について伺いました。
 

とにかく、目立ちたがり屋!

学生時代から目立ちたがり屋でしたね。だけど、ガンガン引っ張っていくタイプではなかったんです。
人と話すのもそんなに得意じゃない。だけど目立ちたがり屋でしたね(笑)
小学校の体育祭で応援団長、コンクールの指揮者やバトミントンの部長をやったり、目立つリーダーをやりたいタイプでした。
 
 
 

【やぎろぐ】八木 仁平ブログの可能性に気付く。

ブログを始めたきっかけは、中学1年のとき。友達2人で勢いでブログ始めました。
毎日日記を書いていたんです。そしたら、1日300PV(PV:プレビュー数、アクセス数)。5年ほど続けて、合計で34万PVまでアクセスが上がったんですね。
その経験から「目的がなくても、発信しておくとめっちゃ得だな!」っていうのに気づいたんですよね。
 
例えば、学校で「昨日のブログに書いてたアレどうだった?」っていう普通の会話の対人のコミュニケーションだったら、「1対1」で最初からいちいち伝えなきゃいけないじゃないですか。
じゃなくて、その前提をすっ飛ばして「1対多」で自分中心にバッて情報を一気に伝えれるんですね。それが「めっちゃ楽だな!」って知って。
 
「一気に情報を伝えられる」ということを知れたことが、「ブログ良いな」って思ったきっかけですね。
 
そもそも、そのブログを始めたのが「目立ちたかったから」です(笑)
 
 
 

【やぎろぐ】八木 仁平コンプレックスとの戦い。

大学1年の春から1年間ずっと、友達と夜まで騒いで遊んでいました。
でも「このままじゃヤバイな」と漠然と危機感を持っていて。
 
「これからの時代はコミュニケーション能力が重要」っていう風潮があるじゃないですか。
僕も「コミュニケーション能力が一番重要なスキルだ」と洗脳されていたので、「ヒッチハイクすればコミュ力つくんじゃね?」と思ってヒッチハイクを始めました。だけど「コミュ力を身につけるのって、向いてないな」と思っちゃって(笑)
 
「人と話していてもそんなに楽しくないな」というのに気づいたんです。
そのときは「面白い人に会うため」とか言っていたんですけれど、「自分のコンプレックスとの戦い」でした。
 
  

LEAVE A REPLY

*

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS