高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Entrepreneur / 起業家

「見て見ぬ振りはできなかった。犬猫殺処分ゼロへ」EVERS LINK / 吉村義文

殺処分ゼロを掲げ、犬猫の命を繋いでいる一般社団法人「EVERS LINK(エヴァーズリンク)」代表理事の吉村義文さん。活動から1,000匹近くの犬猫の譲渡に関わり、命をつなぐために今も精力的に活動されています。なぜ吉村さんは動物愛護の活動を始め、今も続けられているのか? その背景に迫りました。

エバースリンク(EVERS LINK) / 吉村義文 無類の動物好き。

幼い頃から動物が好きでした。しかし、アパート暮らしのため動物は飼えませんでした。
それにもかかわらず、土手で見かけた子犬とかドブネズミの子供とかを連れて帰ってました(笑) 当然母からはその度に「捨ててきなさい」「戻してきなさい」とか言われてましたね。

なので飼うことはできなかったのですが、母親の実家には、犬、猫、ニワトリ、馬などの動物が沢山いたし、親戚の家も犬や猫を飼っていたので動物に触れる機会は多くありました。

当時は、ドキュメンタリー番組「野生の王国」とか、動物アニメ「あらいぐまラスカル」、海外ドラマ「名犬ラッシー」や「わんぱくフリッパー」など、動物にまつわるものが好きでよく見てました。

結局自分で犬が飼えたのは、37歳頃。それまでは環境やタイミングもあって飼っていませんでした。

 

義父が亡くなり帰省。

18歳の夏冬と腎臓の病気で入院、そのため卒業式は外出許可もらって出席し、卒業後も少し入院生活が続きました。退院後は大阪の内定先を断わってたので、しばらく地元で働くことに。

その後、長距離トラックの運転手だった義父の紹介で、大阪府にある運送会社に就職しましたが、違う仕事がしたくなり運送会社を辞職。

ブランド物のアパレル、貴金属、宝石、毛皮など高級品を扱う会社で販売及び営業をして、いわゆるバブル時期を過ごしました。毛皮の製造過程を知った今では、毛皮はありえませんね…。
ちなみに運送会社時代にアパート全焼の火事にもあってたりして、わりと経験豊富です(笑)

28歳のときに、母よりも若かった義父が癌で亡くなりました。僕は3人妹弟なんですが、そのときは3人とも県外で暮らしていて、長男の僕はそのタイミングで大阪から地元の宿毛市に戻りました。

帰省後は、量販店の電気屋さんや建材の機械加工の仕事をしていました。
その後、母親が洋裁の仕事をしていた関係で、ブティックを引き継ぐことになり、母と一緒にブティックを経営していました。

 

動物愛護週間をきっかけに。

2009年9月末(動物愛護週間)に、たまたま滝川クリステルさんの「ニュースJapan」で、3日に渡って「命の現場」という動物の殺処分の現状やペットショップの実態、パピーミル(子犬生産工場)等を特集していました。そこで殺処分の現実を見ました。

多くの保健所で行われている「殺処分」は、CO2(二酸化炭素)での窒息死です。
この方法は安楽死とは言いがたい残酷なもので、殺処分を受ける犬猫たちは複数頭が一度に狭い部屋に閉じ込められ、窒息の苦しみと恐怖感を味わうことになります。

飼い主のもとで幸福に一生を終えることができたはずの健康でかわいいペットたちが、悲惨な方法でその生涯を終えているのです。

僕自身、殺処分のことは知っていましたが、詳しい現実は知らなかった。 そこから「自分に何かできることはないだろうか?」と思いインターネットでいろいろ調べました 。
そして当時流行っていた「mixi」の中で5年に一度の動物愛護法改正に向けての署名活動を見つけました。当時、宿毛商工会議所青年部で会長をしてたこともあり「これぐらいやったら出来るやろう」と青年部の集まりや宿毛で開催される祭事でも署名活動をしました。

2009年の10月頃から、センターに収容された子たちの命をつなぐための活動を本格的に始めました。

 

エバースリンク(EVERS LINK) / 吉村義文1つでも助かる命があるなら。

活動を始めるに当たって、四万十市(旧中村市)の小動物管理センターに見に行き、現状を知りました。そのときは2匹程しかいませんでしたが、「1週間で殺処分になる」と聞いたのです。

行ったから、どうしても気になる。
インターネットでその動きを見ていて、一匹は飼い主に戻り、もう一匹は見つかっていませんでした。

「このままでは殺処分されてしまう…。」とチラシを自作。大月町で発見された子だったので、周辺の新聞屋や郵便局、営業している各店舗にチラシを配りに行きました。

ですが、民家の人にも聞きましたが全く行き当たらず、次の日に宿毛の動物病院に聞きに行きました。 すると、「うちで診ていた子かもしれない」と飼い主に連絡してもらったら、「預け先からいなくなっている」という話で、なんとか繋がりました! 

もし自分が動いていなかったら、殺処分になっていました。

動いたことで、命が繋がった。経験したからこそ、もう「辞めるに辞めれない」という感じです(笑)

100回やって1つしか助けられないかもしれない。でも、やらなければ0(ゼロ)です。だから、「やれば1つでも命が助かる可能性がある」と思いやり続けてます。

 

譲渡の間口を広げるために。

2009年頃は、高知県では譲渡候補犬(2〜3匹)以外の譲渡を行なっておらず、「一般譲渡の流れを作ってないので譲渡できません」ということでした。

県の担当者やセンターには「飼い手も犬にも問題が無いのに、なんで渡せないの?」「殺処分させないための受け皿も作ってる。それなのに、譲渡できない理由が分からんわ!」と訴えていました。そこは諦めませんでしたね。なので、県の担当者やセンターからは嫌われていたと思います(笑)

翌年4月に「譲渡の仕組みを作るまでは譲渡出来ない」という話で、時には理不尽な話に声を荒げつつ、やり取りを繰り返しながら特例で譲渡してもらってました。

2010年4月からは迷子犬の譲渡が出来るようになりましたが、持ち込みの子は譲渡できないままでした。飼い主になりたい人が見つかっても持ち込み犬の譲渡の仕組みがなかったのです。

※元の飼い主のことを気遣い、県は公になることを避けていました。そのため、持ち込まれた犬猫は日の目を見ることなく、当日もしくは翌日には殺処分されていたのです。

結局、持ち込みの子も勝手に撮影してチラシに載せ、引き取りの申し出があれば、保健所から犬を持ち込んだ元の飼い主と直接話ができるよう連絡を取ってもらい、譲渡をすることを前提に直接お会いして返還手続きを取ってもらいました。その後、センターに委任状を持っていき犬を引き出し希望者に直接譲渡していました。

現在は、迷子犬や持ち込みの区別はなく、同様にホームページにも掲載され譲渡できるようになってます。

協力してくれた方々のおかげで。

僕が活動をはじめた当初は、チラシに「殺処分」と書いてるため、抵抗感を持たれた方達もいました。よく思われず、チラシを貼ることを断られたこともありました。
活動を続ける中で、心無い誹謗中傷を受けることもありますが、支えてくださる方も多いです。

チラシは全て自作して配っていましたが、ありがたいことに少しずつ思いに共感してくれた方や飼い主になってくれた方が協力してくださるようになりました。

高知市や須崎市などの協力者や団体さんにデータを送り、送り先の人が同じように声をかけて配布してくださるように。活動当初から数年間はチラシから繋がっていきました。

一人で活動していましたが、周りの方々が協力してくださったおかげで広がってきました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS