Instagram 6,300 Followers!

下津井めがね橋|ノスタルジックな雰囲気。四万十町のトロッコ列車軌道橋(森林鉄道)

下津井めがね橋(佐川橋)

四万十町は下津井にある「下津井めがね橋」。林業が盛んだった昭和19年(1944)頃に、トロッコ列車の軌道橋として、当時の最高の土木技術を駆使して造られました。付近の津賀ダムの湖畔に映るシルエットが眼鏡のように見えることから、「めがね橋」と名付けられたそうです。

道中の景観も楽しめる

下津井めがね橋(佐川橋)

「めがね橋」周辺の景観も素晴らしいのですが、四万十町から下津井へ抜ける道中の風景も絶景が広がっています。

下津井めがね橋(佐川橋)

長く細い道のりですが、ゆっくり周りの景観を楽しみながらのドライブもお勧めです。

下津井めがね橋(佐川橋)の案内板

439号線沿いにあり、周囲の山々と共にとてものんびりした雰囲気です。駐車スペースは少ないですが、あまりひと気もないので問題ありません。

下津井めがね橋(佐川橋)

下津井は山に囲まれ、緑に包まれた閑静な郷です。

通称「下津井めがね橋」

下津井めがね橋(佐川橋)

梼原川のそのまた小さな枝流、払川に架かるのが佐川橋、通称「下津井めがね橋」。

下津井めがね橋(佐川橋)

正式名称は「佐川橋」と言って、佐川山から旧大正町を結ぶ森林鉄道の橋です。

下津井めがね橋(佐川橋)

めがね橋からの風景。人工物が少なく、山郷の自然溢れる原風景が残っています。

下津井めがね橋(佐川橋)

高知県近代化遺産にも登録

下津井めがね橋(佐川橋)

橋のノスタルジックで優雅な形は、今でも地域の人たちに愛され続けています。

下津井めがね橋(佐川橋)

林業の歴史の語り部として県の近代化遺産にも登録されています。

下津井めがね橋(佐川橋)

下津井めがね橋(佐川橋)

めがね橋は
地元民の散歩コース

下津井めがね橋(佐川橋)

めがね橋周辺は、地元の方々の散歩コースになっています。日中は木漏れ日がさしこみます。朝方の散歩は気持ち良さそうですね。

下津井めがね橋(佐川橋)

「となりのトトロ」に出てきそうな雰囲気たっぷりの小道。

下津井めがね橋(佐川橋)

「めがね橋」周辺の景色は絵になるスポットに溢れています。写真好きなら一度はぜひ訪れたい場所。

下津井めがね橋(佐川橋)

後世にも残していきたい素晴らしい絶景が広がっています。

豊かな自然が広がるめがね橋

下津井めがね橋(佐川橋)

川の流れは穏やかで鏡のように反射しています。この日は雲ひとつない晴天で綺麗に写り込んでいます。

下津井めがね橋(佐川橋)

下津井めがね橋(佐川橋)

晴天で、新緑の頃の午前中がベストです。


下津井めがね橋(佐川橋)

高知県高岡郡四万十町下津井

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。