高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Column / コラム

漁師町須崎で愛される伝統の味を守りたい【丸共醤油 / 竹中佳生子】

須崎のまちに家庭の味、
料理屋の味、
その元を作る丸共味噌醤油醸造場


須崎市の中心部・海岸から少し歩いた旧商店街の通りに佇むおもむきのある黒い大きな木造の蔵。その扉には赤丸で囲まれた「共」の文字。

醤油・味噌 マルキョー醤油(須崎市)

地元の須崎の人たちに愛され、大正時代から約一世紀に渡り続いてきたマルキョー醤油で有名な丸共味噌醤油醸造場の蔵である。

醤油・味噌 マルキョー醤油(須崎市)

大正時代に創業した時には何人かで丸共の屋号を共有しながら味噌醤油造りを行っていたが、戦後は大きな港に船が行き交うようになり貿易が盛んになってきた。
町全体が工業化していくなかで古くからあった味噌醤油の蔵は次第に数が減っていき、現在では丸共味噌醤油醸造場の一軒だけに。

今回は須崎で生まれ育ち上京、海外にも出て、再び高知へと戻って来た経歴を持つマルキョー醤油の四代目女将・竹中佳生子さんにお話を聞かせていただきました。

 

網屋(あみや)の娘に生まれ
異国への旅路へ

醤油・味噌 マルキョー醤油(須崎市)

佳生子さんは丸共醤油醸造場の蔵のある中町に生まれたわけではなく、漁に使う網などの漁具や資材を販売する網屋の娘として出生。

当時の丸共味噌醤油醸造場は佳生子さんの祖父と親戚夫婦が中心に経営していたが、年で亡くなられてから、経営面でも品質面でも困難となり、跡継ぎもいなかったことからやむなく蔵を閉じようとしていた過去がある

しかし、取引先や長年のお客さんのもとへ廃業について挨拶に向かった先で意外な言葉を受けた。

「どうかやめんとってくれ」
「やめられたら困る」
「マルキョーの味がうちの店の味で他ではこの味は出せんがやき」

多くのお客さんからの事業継続を望む声を受け、当時40代だった佳生子さんの父は、一度は閉じようとした丸共味噌醤油醸造場を引き継ぐことを決意。
佳生子さんはというと、網屋と醤油屋を行き来する両親を横目に、高知市内の学校へ進学し自由奔放に過ごしたという。

高校時代には外国に興味を持ちにニュージーランドへホームステイに行って、もっともっと日本以外の国について学んでみたいという気持ちがより一層強くなり、高知を出て東京の短大へと進学することとなる。

 

アフリカのガーナの地にて
「豊かさとは何か?」を
自問するようになる

醤油・味噌 マルキョー醤油(須崎市)東京で学生生活を満喫し、もっと勉強したい、と思う中で明治学院大学の国際政治経済についての研究をしている勝俣誠先生の本に大きな感銘を受け、自らも明治学院大学へ編入、勝俣ゼミへ入ることになった。

勝俣先生のゼミでは特にアフリカの地域の経済について深く研究を広げ、ゼミの校外実習というフィールドワークで大学3年生のときにガーナへと渡る。

ガーナは経済レベルではまだまだ発展途上で、お金(貨幣)のない生活も当たり前だった。
日本に比べると決して裕福とは言えないながらも、暮らしている人々はその中で幸せを見出しているのを目の当たりにし、

「豊かさってなんだろう?」と自らに問いかけるようになる。

経済的に豊かでない異国の地で生まれたこの考えが、それからずっと心の奥底にあるという。
自らの暮らしのなかに、そして須崎のこれからの町づくりにおいて、お金ではない豊かさの答えを探し続けることになる。

LEAVE A REPLY

*

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS