Instagram 5,500 Followers!

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

高知市の有志で集まったシェフたちが寄付を募り、医療機関に弁当を無償で届ける取り組みを行っている【高知家「食」で応援プロジェクト】。今回、プロジェクトリーダーの岡添将人さんにプロジェクトの詳細や今後の展開についてお話を伺いました。

当記事では、EIMONSが取材させていただいた内容に加えて、プロジェクトの概要から寄付の方法についても記載させていただいております。是非ご一読の上、ご支援の程よろしくお願いいたします。

医療に携わる人達へ。
感謝の気持ちを届けたい。

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

ー 当プロジェクトの立ち上げの経緯を教えていただけますか。

このプロジェクトは、あるオンライン飲み会がきっかけで始まりました。福岡で前例を作ってらっしゃる方の話を聞いて、「それは良いな!」と思ったのが最初です。実際にプロジェクトを立ち上げた方とつなげてもらって話を聞き、高知の信頼するシェフたちに声をかけました。

コロナ影響後、「食をつくる自分たちに何かできないか」という思いがあり、プロジェクトメンバーとも様々な活動の第一弾として、まずは「医療、特にコロナ感染症対策に携わる人たちに感謝の気持ちを届けたい」と話していました。

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

ー 高知県内の病院であれば、届けていただくことは可能なのでしょうか。

はい。高知県内のコロナ感染症対策に取り組まれた、或いは取り組まれている病院であれば、直接お届けさせていただきます。お弁当を受け入れていただける病院(搬入先)は、基本的には独自のネットワークで調整していますが、是非お問い合わせもいただければ可能な範囲でお届けさせていただきます。

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

掛け紙には、ご寄付いただいた方のお名前を記載

一 今後もこのプロジェクトは継続される予定でしょうか。

はい。「続けられる限り、継続的にやりたい」というのを目的に立ち上げたプロジェクトです。これからも持続可能な形で、県内の医療機関を始め、応援をしたいと思うところにお弁当を届けたいと考えています。ありがたいことに、「特別定額給付金(一律10万円給付)を活きた形で使ってもらいたい」と寄付いただく方もいらっしゃいます。おかげさまで、僕らにしかできないこと、「感動を呼ぶお弁当」をお届けさせて頂くことが出来ており、手渡した医療従事者の皆様方からは有難いことに感動と喜びのお声も頂いています。

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

ー 農家さんからの食材提供も受け付けているのでしょうか。

はい。高知の水田農園さんとファーム・ベジコ(高知市春野)さんを中心に、多くの農家さんが当プロジェクトのために無償で野菜を提供していただいています。現在も農家さんからの食材提供も受け付けておりますので、ご協力いただければ嬉しく思います。

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

ー どのくらいのペースでお弁当作りをされているのですか。

今のところ、3店舗(和食店「座屋」、スペイン料理店「南欧バルアミスタ」、イタリア料理店「la.primavorta」)で毎週お弁当作りを行っています。

その後、料理店の輪が広がり、地産地消レストラン「resort dining Se Relaxer(リゾートダイニング スルラクセ)」、中華料理店「China Baru 茂」、和食店「いつものところ 十刻」も参加してくれることになりました。

ー 最後に一言メッセージをお願いできますか。

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

2020年5月からスタートした当プロジェクトですが、立ち上げ当初からたくさんの寄付をいただいています。本当にありがとうございます! 沢山の喜びの声もいただき、プロジェクトメンバー一同、感動をもらっています!
これからも当プロジェクトは続いていきますので、ご支援いただければ嬉しく思います!


高知家「食」で応援プロジェクト|概要

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

私たちが暮らす世界に、日本に、高知にコロナの時代がやってきて、もう3ヶ月になります。その間、私たちはたくさんの医療従事者の方たちの仕事ぶりに勇気をもらってきました。

ありがとう。ほんとうに、ありがとう。

そんな感謝の思いを医療従事者の方たちにお伝えしたくて、高知が誇る食のスペシャリストたちがつくったお弁当を医療従事者の方たちのお手元にお届けするプロジェクトをスタートしました。

寄付の方法について

高知家「食」で応援プロジェクトでは、みなさまからの1口1,000円以上(上限はありません!)のご寄付で、まずは高知県内の医療現場で新型コロナ感染症対策に従事し、日々頑張って下さっている皆様のもとへ県内の食のスペシャリストたちが丹精込めてつくったお弁当をお届けしていきます。

振込先

四国銀行
上町支店(普通)5150813
コウチケショクデオウエンプロジェクト

お食事差し入れの掛け紙について

高知家「食」で応援プロジェクト|医療従事者の方々へ。「ありがとう」を届ける

お食事を差し入れる際の掛け紙には、温かい志を頂いた方のお名前を記載したものに加え、シェフからの心のこもった手書きメッセージや献立も巻き付けています。

医療施設へのお弁当のお届けのご報告について

随時SNS(Facebook,instagram,Twitter)で公開してまいりますが、医療機関の名称は非公開のところが多いため、機関名の公表などは行えない場合がありますことをご了承ください。

ご寄付をいただいた方の公表について

ご寄付いただいた方のお名前はSNSで公開いたします。
また、あわせてお届けするお弁当の掛け紙にはご寄付いただいた方のお名前を記載させていただき、お届けしてまいります。
そのため、個人名・法人名の他に希望のお名前などがございましたら、お振込時に「振込名義人」を変更のうえお振込お願いいたします。

現在までにお届けした医療機関

5/28 幡多けんみん病院 40食
6/4 高知市内のコロナ対応に従事された医療機関(非公表) 20食
6/10 高知市内のコロナ対応に従事された医療機関(非公表) 15食
6/17 高知県西部のコロナ対応に従事された医療機関(非公表) 30食
6/23 近森病院 40食

高知家「食」で応援プロジェクト

Instagram @kochike_ouen
Facebook @kochikeouen
twitter @kochike_ouen

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします