高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Travel/ 高知を巡る

四万十川にかかる最古の沈下橋【四万十町 / 一斗俵沈下橋】

四万十町にある「一斗俵沈下橋」は、四万十川にかかる沈下橋の中では最も古く、国の登録文化財に指定されています。
また、老築化のため生活道としては通行不可となっています。

【四万十町・高知の絶景スポット】一斗俵沈下橋

一斗俵沈下橋

ここは、四万十川上流域 この橋は流域の沈下橋では最古のもので、水中での工事は困難を極め、昭和十年(十九三五)三月に漸く完成したが、喜びも束の間、その年の台風により中央部分は岩盤が深く潜水夫を潜らせての工事も岩盤に届かず、苦難の末、中央に橋脚のない工法を取り入れている。

建設当時は、世界大恐慌の煽りを受けて農作物の価格は大暴落していたために、当時の松葉川村が、農家経済の一助になればと、国の補助を受けて取り組んだ事業であった。

橋長六一メートル、幅員二・五メートルの鉄筋コンクリート造り九連桁橋で、沈下橋の呼び名は、増水時には水面下に潜ることに由来する。この橋が架かるまでは「城鼻の渡し」と呼ばれる渡し舟が対岸との交通手段として活躍していたので、この橋も当時は「城鼻の沈下橋」と呼ばれていた。

景観と調和した姿が人々に親しまれており、平成十二年(二ロロロ)十二月に国の登録有形文化財として認定されている。

地域の生活道としての役割を担っていたが、平成七年(一九九五)十二月四万十川源流大橋が完成してその役割を終わり今では子どもたちの水遊びの場、地域住民の憩いの場として第二の役割を果たしている。


【四万十町・高知の絶景スポット】一斗俵沈下橋日本の原風景が残っています。 周りには観光バスも駐車できる広さの駐車場があるので便利。
周辺には自販機などの販売所はありません。

【四万十町・高知の絶景スポット】一斗俵沈下橋水質も透き通っていて、とてもキレイです。
【四万十町・高知の絶景スポット】一斗俵沈下橋
晴天のため、光が川面に反射してキラキラときらめいています。
【四万十町・高知の絶景スポット】一斗俵沈下橋
橋の下の流れも緩やかなため、夏場には子ども達の格好の遊び場になるのもうなずけます。
橋の上から川に飛び込む姿が風物詩となっています。【四万十町・高知の絶景スポット】一斗俵沈下橋 【四万十町・高知の絶景スポット】一斗俵沈下橋

 

 

LEAVE A REPLY

*

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS