高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Shop owner / 店主

「アトリエ四万十 / 三浦 郁生」フランスの食文化を、地元の食材で紡いでいきたい

フランス・ボルドーの焼菓子「カヌレ」やフランス菓子のテイクアウト店「アトリエ四万十」。このお店を運営するのは、フランスのレストランでシェフ経験の後、地元の四万十町に帰省しお店を開業した三浦郁生さん。目玉商品は、四万十特産の米粉と栗焼酎(ダバダ火振り)で仕上げた「四万十カヌレ」です。パティシエとしてお店を開くまでの経緯や今後の展開について伺いました。
 

将来の目標は
自分の店を持つこと

生まれは高知市内。小学校から高校までは上町で育ちました。もともと食に関心があり、将来的には自分の店を持ちたいと考えていました。    
 
高校卒業後は、大阪の辻調理師専門学校に通いました。在学中に10ヶ月ほどフランスに研修に行って、そこで東京のレストランと縁があり、卒業後はカジュアルフレンチのお店で5年ほど働きました。
 
200人くらい入る大きいお店だったのですが、大きいレストランよりは、オーナーレストランで30人のキャパでシェフ1人と小僧(盛り付けなどを担当する雑用係)でやっているようなお店に行きたくて。
 
ただ、そういったお店は空きがあまりないんです。来年なら1人辞めるから、というお店はありましたが、「1年間も何しよう?」と考えていて。
バイトと並行しながら、いろんなお店をまわってました。
 
 
 

順風満帆ではなかった
下積み時代

働く中で、一番最初に入ったレストランでの経験が大きかったです。それまで働いたことがなく、そこしか知らなかったので。
昔ながらの店で、”手が出る”ところでした。今ではそんなことしたらパワハラで捕まりますけどね(笑)
一つ例をあげると、一番下なので朝出勤して下っ端の仕事をして、上司が来るのを待っていたんです。
上司が朝来たら、僕のやった仕事を見るなりゴミ箱に捨てて、「こんなん使えねぇ!もういいよ、お前帰れ!」って、それが毎日続いてました。
もちろん帰らず、食らいついてました。
 
そこで鍛えられたのが大きいです。側から見たらイジメですけどね。
何年か経った頃に、その上司に「お前は辞めなかったよな」って言われて。
その上司は、仕事のできる人間と一緒に仕事がしたかったらしく、僕みたいな「何も知らない子と仕事をしたくない」と当時のシェフに言ったら、「辞めさせることはできないから、彼を辞めさせるようにして。そしたら新しい子を採用するよ」と言われて、一生懸命辞めさそうとしていたらしいのですが、僕が結局辞めなかったので、「困っていた」と言ってました(笑)
今では、仕事の相談にも乗ってくれるような大恩人です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS