高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Job / 高知で働く

食を扱うスーパーマーケットの役割とは【土佐山田ショッピングセンター】

料理をする人を応援するのが、私たちの仕事やと思っています。それと同時に、地域の農業を支えていくのも仕事。できる限り地元の野菜を売っていくことを大事にしていく。
それから、食をちゃんと整えていくサポートもやっていきたい。どこまで行き着いても食が付いてくるので、食を通して地域を良くしていきたい。
 
株式会社 土佐山田ショッピングセンターは、高知県香美市土佐山田町の身近な食品スーパーマーケットです。
地域になくてはならない食品スーパーマーケットとして、地元の素材を使った商品作りや化学調味料等を使っていない健康的な食材を取り揃えています。
 
今回募集するのは、スーパーの総合職として働く人。
商品の仕入れや、商品開発、マネジメント等あらゆる業務を担当します。
 
惣菜部の川村さんと、人事担当で取締役総務部長の大野さんにお話を伺いました。
まずは惣菜部マネージャーとして、ご活躍されている川村さんに会社の特徴や想いについてお話を伺います。
 
 

利益よりも、地域のために。

バリューノア|土佐山田ショッピングセンター 
土佐山田ショッピングセンターは、土佐山田町の「地域のインフラ」。
今は食べ物を購入するチャンネルが増えてきているんですけれど、やっぱり「ココにきたら食べるものがある」という事実がとても大事だなと実感しています。
 
土佐山田は山の方から降りてこられるお客様もいらっしゃるんです。香北町や物部町になると、スーパーという形態のお店が少ない。
そういった地域からお客様が1〜2週間に1回のペースで来店いただいています。
 
毎日の食卓が楽しくて美味しくないと、一日元気でない。食生活が幸せだと何となく良い日だなって思える。
「地域に根ざし、地域のことを思っている人達が仕事をしている」ということが大切です。
 
それが「食の幸せ」に繋がってくるなと思っています。
 
他企業と同じく、弊社も利益のことも考えているんですけれど、それ以上に「地域のために」という想いが根底にあります。
「地元の素材を扱うことや、化学調味料を使っていなくて良いものをお客様に食べてもらいたい」という意識が従業員の中に根付いています。
 
その理由は「地元の人が働いて、地元の人が食べるものを作っている」という点が大きいのかなと思います。
右から左に流すだけじゃない部分がすごい大事なんじゃないかなって。働いていて感じますね。
 
 
 
 

選んでいる商品がオモシロい!

バリューノア|土佐山田ショッピングセンター働くきっかけになったのは、弊社にコンサルティングに入ってもらっている東森歩さん。「バリューの惣菜部で募集があるよ」とお声がけをいただきました。
 
僕の実家は農家だったので食べ物には興味があるし、美味しいものが好き。
だけども、これまで惣菜に全然関わったこともない(笑)
 
これまで「料理を作ろう」と思ったこともなかったのですが、募集の話を聞いてホームページを見たり、お店に改めて足を運んでみたら、「選んでいる商品が面白いな」「地元の産直市の役割も担っている」と思いました。これは面白いなと。
 
僕自身、生まれも育ちも高知ということと、高知が好きなんですよね。風景とか食べ物とか。
「高知の素材を使って、価値を生み出していく」という仕事は、存外クリエイティブじゃないか。と思って働き出したんです(笑) 
 
 

なぜオモシロいと感じたのか? バリューノア|土佐山田ショッピングセンター

僕は大学新卒で2年休学してまして、その時に「84プロジェクト」というNPOの事務局を担当していました。
高知は森林率が84%あるから野菜も魚も美味しい。他にも木がたくさん使える。高知の自然が豊かなことを一つのブランドにしようという活動です。
 
昔から高知というものを、何とか幸せに気づけるようにしたいなと思っていました。
この84も考え方が面白いなということで働いていました。
 
なので、「地域」というところで見れば似ているんですけれど、仕事内容としては似てないですね。
スーパーで実際に働いてみて、ここまで肉体労働だとは思いませんでした。驚きとして。
 
料理を作ったり立ちっぱなしで仕事をしているので、その部分の疲れを感じることもあります。
けれども僕にとっては、84をやっていたときに「形のないものでお金をいただくこと」がしっくりこない部分があったんです。「地に足着いてないな」という実感があって。
 
でもスーパーでお惣菜を作るというのは、実際に地元の人たちが作った美味しい素材がある。それを自分でどうやったら美味しくなるのかを想像して、実際に作ってみて。美味しい、美味しくない。じゃあどうやったら良いんだろう。というのを試行錯誤しながら商品として作り上げていく。ということです。
 
実際にお客様に「美味しい!」と言ってもらえることの喜びがすごいあって。そこが自分の中でしっくり来ましたね。だから、モノを作る。食べ物を扱う。そういった部分に興味があります。楽しさを覚える日は、とっても良い職場だと思えます。
 
何より「自分が作ったものが売れてる」ということが、一番嬉しいですね。
見ず知らずの人が「美味しそう!」と思って買ってくれる姿を見ると「自分の考えてたものが間違ってないんだ!」ということが実感できるので、すごくやりがいがありますね。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS