高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Gourmet / 食を楽しむ

室戸のキンメ丼は「料亭花月」で間違いなし!

室戸の定番になりつつある、「キンメ丼」。キンメマップがあるほど、室戸は「キンメ丼」推し!
あまり知られていませんが、室戸は西日本一のキンメダイの水揚げ地なのだそう。

今回は室戸のキンメ丼を食べられる店舗の中から「料亭 花月」へ。

「室戸キンメ丼」の条件。

室戸の新定番ともいえる「室戸キンメ丼」は、

  • キンメダイの照り焼きを載せること
  • 地魚の刺身を乗せること
  • キンメダイのだし汁をつけること

が条件になっています。それ以外は各店舗の自由ということで、各店舗それぞれの味が楽しめます。

「料亭 花月」は、室戸漁港のすぐ北側にあり、4台程とめれる駐車場も完備されています。このお店では、捕れたての室戸の魚を味わってもらうために、海で釣った魚を活きたまま店内の生け簀に移しています。そして活きたまま厨房で活〆しているので、新鮮な魚を堪能できます。

室戸のキンメ丼は「料亭花月」で間違いなし!お店は要予約。

扉左側の張り紙には 「本日は予約の方のみの営業とさせて頂きます」。 基本的には、前日までに予約を入れてもらうようになっています。
案内されたところは二階の個室。
室戸のキンメ丼は「料亭花月」で間違いなし!海外からのツアー客のお客様も多いようで、メニューは英語表記付きでした。ちなみにキンメ丼は、どの店舗も一律「1,600円」です。 

室戸のキンメ丼は「料亭花月」で間違いなし!室戸キンメ丼の食べ方

「室戸キンメ丼」は、高級魚「金目鯛」の繊細で深い味わいを楽しめる一品。
お盆には、室戸キンメ丼の食べ方表も乗せられています。

  • 食べ方は、室戸の旬の刺身を頂く
  • 室戸産の金目鯛の照り焼きを頂く
  • 最後の〆に、金目鯛の出汁をかけて金目鯛茶漬けとして頂く

1つの丼ぶりで3つの味が楽しめる。美味しくて、つい最後まで食べてしまいそうになりますが、「金目鯛の出汁茶漬け」が待っているので、なくなる前に金目鯛の出汁をかけていただきます。
出汁の匂いが食欲をそそります。さっぱりしていて何杯でも食べられそう。最後はスルスルといただけます。

室戸のキンメ丼は「料亭花月」で間違いなし!料亭花月

室戸と言えばココ! というくらい評判が良く、有名な「料亭花月」。お刺身は季節で異なりますが、どれも室戸産で美味しい。

金目鯛を堪能できる室戸の老舗料亭 「高知家の食卓」県民総選挙2016 東部エリア第1位。 「高知家の食卓」県民総選挙2015選抜店舗。 室津漁港から北に路地を入った右手にある大正14年創業の老舗料亭。室戸市沖は高級魚・金目鯛の漁獲量が西日本一を誇る好漁場。

新鮮な金目鯛の照り焼きと、地魚の刺身をご飯にのせた「室戸キンメ丼」は、金目鯛のダシをかけてお茶漬け風も味わえるご当地丼ぶり。チリ酢でいただく新メニュー「キンメしゃぶしゃぶ御膳」(要予約)も好評。

店名:料亭花月
住所:高知県室戸市室津2586
電話番号:0887-22-0115
営業時間:昼:11:00-14:00(LO13:30)・夜:17:00-22:00(LO21:30)
定休日:日曜日・祝日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS