高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Entrepreneur / 起業家

食を通して地域を元気に【土佐山田ショッピングセンター / 石川 靖】

家業がスーパーマーケットだったという「土佐山田ショッピングセンター」の代表取締役社長 石川 靖さん。現在は、香美市物部町の三嶺のシカ食害の問題解決のため、バリュー各店の商品230品を対象に、1品の売上金から1円を「三嶺の森をまもるみんなの会」に寄付する活動も始めています。

事業を引き継いた当初のディスカウント型の店から一転、地域密着の高質スーパーマーケットへ転換されました。安さだけでなく、安心安全で質の高い商品を心のこもったサービスとともに提供することで、地域1番店を目指しています。その背景には、どんなきっかけや転機があったのか?これまでの経緯を伺いました。


土佐山田ショッピングセンター家業を継ぐために

生まれも育ちも土佐山田。実家が元々スーパーマーケットをやっていたので、なんとなく跡を継がないといかんなと思っていました。
その後、大学で大阪に行って大手スーパーマーケットに就職。入社後、たくさんの店を同じように運営するためのマニュアル(当時最高峰のチェーンストア理論)を体に叩き込まれました。

その後、実家のスーパーに帰省したときにはものすごいギャップがあるわけですね。大手のスーパーと比べると実家のスーパー方が断然面白かった。仕入れから販売まで全て自分で手掛けるので、もう“創意工夫”の連続で面白いんです。
ただ根っこはチェーンストア理論でガチガチに叩き込まれていたので、全体的なスタイルはチェーンストア理論守ろうとするんです。

基本ができていないと店は運営できないから「1、2店舗の段階からしっかり仕組み作りをせないかん」と思っていました。
ですが、それでは整なわないということが様々な体験で出てくるんです。


土佐山田ショッピングセンターデフレスパイラルに陥る。

実家に帰ってきたのが1994年くらい。ディスカウントで安く売って人を呼んでいて、すごく業績が良かったんです。
1998年が売上の最大ピーク。僕が店長に就いて、その翌年の1999年からジワジワ下がり始めました。

そのとき、「もっと安く売らないかん」という考えでした。安く売れば売るほど、ジワジワ下がっていく。
理由は必然で、高知県の人口が1996年がピーク。そこから減ってきている。“客数×客単価=売上”なので、客数が減り始めるんですよ。

もっと安く売らなきゃと価格を下げていけば客数も客単価も下がる。デフレスパイラルをまざまざと体験しました。
そこで、「安さ以外のもの」を何か付けていこうと方向転換し始めたのは2001年の時期。「バリューノア」という綺麗な店を初めて作りました。

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS