高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Creator / 作家

【絵本作家 / 永井みさえ】愛と平和を伝えられる絵本づくりを

 

絵本作家 永井みさえプロデューサーとの出会い

映画祭の上映が終わって、そのときにプロデューサーさんと一緒に営業回りに行ったんです。
「香川県で何か仕事をくれないか」と。本当に良いおじちゃんで、家族みたいになっちゃって(笑)
 
その中でN(匿名)さんという方と出会って、Nさんに「にんにく姫」を見せたんです。
そしたら「俺、絵本描きたかったんだよね」って(笑)
 
最初「ウソだ!絶対ノリと勢いで言ってる!」と思ったんですけど、詳しく話を聞いてみると絵本が本当に好きで、絵本もたくさん持ってたらしいんです。
「じゃあ一緒に絵本を作ろうか」という話になりました。
 
今は、Nさんと一緒に活動しています。
 
 
 

絵本作家 永井みさえ大月町へ移住することに

そんなNさんが高知県の大月町に来る機会がありました。
香川県にある太陽光パネルの会社が「大月町の学校の上に太陽光パネルを付ける」というので一緒に来たらしいんです。
 
そのとき私は、東京の下北沢で一人暮らしをしていました。画材がドンドン増えちゃって、「広い家じゃないといけない、どうしよう?」と悩んでいて。
「思いっきり田舎に行ければ良いな、どこかいい場所ないかな?」と探していた時期でした。
 
そのタイミングで野村さんが大月町に行って気に入ったらしく、一緒に遊びに行きました。
大月町へ行ってみたら、海もすごくキレイで、地元の方々の人柄もとても良かったんです。
 
大月町役場の方ともお会いすると「地域起こし協力隊での枠がある」という話をいただいて、今は「大月町地域おこし協力隊」として絵本を使った地域活動をしながら、毎月東京と大月町を行き来しています。
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS