高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Creator / 作家

【絵本作家 / 永井みさえ】愛と平和を伝えられる絵本づくりを

絵本作家 永井みさえ
神奈川県 藤沢市出身の「絵本作家」永井みさえさん。現在は高知県の大月町を拠点に絵本を基盤とした作品づくりで精力的に活動されています。
高知市内から片道3時間もかかる大月町に、なぜ移住されたのか。これまでの経緯や展望についても伺いました。
 

絵本作家 永井みさえ
 

15歳下の妹が
きっかけで絵本作家へ

もともと漫画が好きな家族で、絵を真似して描いていると、両親から「みーちゃん、宮崎駿みたいになりなよ」とか洗脳されてて(笑)
絵本も買ってもらったり、絵を褒められていたこともあって描くことが好きでした。
 
今は人と話すことが好きなんですけど、小学校の時とかは、あんまり本音が言えない子だったんです。
ストレス解消で、自分の嫌な部分を、感情を投げつけるような感じで絵を描いていました。家族は心配してましたけどね(笑)

さらに15歳下の妹が生まれたことで、絵本の読み聞かせをするようになりました。
読み聞かせていたら、「あっこれ自分でも絵本作れるんじゃないかな」って勘違いしちゃって。
 
高校一年生のときに「これしかない!」と描き始めました。
 
 
 

永井みさえ|にんにく姫映画祭での作品をきっかけに独立

高校からずっと絵を描いてましたが、売り込みはしていませんでした。
卒業後の進路を決める時期に、そのとき妹も3歳くらいだったので「いろいろと大変だから大学に行かないでほしい」と言われて。
実家が自営業なので、手伝いとアルバイトをしながら絵を描いていました。
 
とにかく絵を描く時間が欲しいから、「これは一人暮らしをしなきゃダメだ!」と思って。
19歳くらいのときに実家を出て、指圧マッサージの仕事をしながら絵を描いていて。お金も貯めていました。
 
2014年の香川さぬき映画祭で「映画で使う絵本を描いてください」と依頼されて、「にんにく姫」という本を作りました。最初の転機になった作品です。
 
facebookつながりで仲良くなった人が、映画「アヒージョ!」のプロデューサー(成合一康さん)を紹介してくださったことがキッカケです。
最初は何を言っているか分からない変なおじちゃんだったんです(笑)
よくよく聞いてみると「絵本を作りたい」という話で、そこから神奈川と香川を行き来するようになりました。
 
「にんにく姫」を機に、一気に絵本の方にシフトしました。
やっぱり一作品できたことで、いろんな人からもドンドン仕事の依頼が来るようになりました。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS