高知で活躍する人の「生き方」にスポットを当てたメディア

高知の「えいもん」を紡ぎ出すウェブメディア

Creator / 作家

【海辺のガラス工房 kiroroan / 植木 栄造】ガラスの美しさを引き立たせるモノ作り

デザイン業界からガラス製作の道へ転身し、日本中を転々としながら様々なガラス製作の技法を学ばれた植木さん。吹きガラスは一瞬の迷いが作品の仕上がりに影響し、その一瞬に職人としての技術が集約されます。

長年積み重ねてきた経験を通して、他にはない作品を作り出しています。ガラス製作を始めるのが遅かった分、製作に貪欲に向き合ってきた植木さん。これまで歩んできた道について伺いました。
 
 

【海辺のガラス工房 kiroroan】植木 栄造

身近にあった石ガラスに惹かれた

高知の土佐清水市の生まれです。
学校卒業後は東京のデザイン事務所で働いていました。当時ちょうどMacに切り替わり始めた頃。それまでのデザイン業務は、定規とカッターを持って、書き込むのが主流でした。
結局は手を動かして工作じゃないですけど、そうやってやっていたやり方が好きで入ったデザイン界だったので、それはちょっと俺の中では違うなというのがあって退職。25歳くらいになっていました。
 
手を動かしてものを作れたら正直、素材は何でもよかったんですね。あとは消去法でいろんなことを考えて。自分が将来高知へ帰ってきて、一人でやっていけることは何かを考えていました。ずっと東京にいたのですが、このまま関東で歳をとりなくないなと思っていたんです。
 
小さいときに地元の浜で遊んでいたんですよね。シーグラスと呼ばれるガラスの欠片がよく海に打ち上げられていたでしょ。ああいうの見て育っていた部分もあって「綺麗だね」と思っていた記憶が蘇ってきた。「ガラス好きだな」「じゃあガラスやろう」って。それでガラス屋をやることに決めました。
 
 
 
 
【海辺のガラス工房 kiroroan】植木 栄造

様々な技法の違うガラスに魅せられる

ガラスを学び始めたのは、北海道の札幌からです。なぜ札幌?というと北海道に住んでみたかったからなんです。各地に有名なガラス工房があるのですが、当時北海道の小樽が有名でもあり、南国高知の生まれなので、雪のあるところで暮らしてみたいということで北海道に行ってガラス屋を探しました。
 
ガラスを始めるのが遅かったので、今更お金出して学校に通って行く気はなかったんです。だったら給料もまともにもらえなくても、誰かできる人のところにくっついて覚えたほうがいいなと。いわゆる職人スタイルがいいなと思って。今の自分みたいな人にたまたま「いいよ」って言ってくれる人がいて。その人のところに転がり込みました。
 
その方は吹きガラス屋だったんです。一般の方が目にしやすいのが棒の先にあるガラスを回して作るというイメージだと思いますが、同じ吹きガラスの分野でも場所によって技法が違うんですよ。
7年ぐらい学んだあと「他にも技法が沢山あるから、行ってこい」と先生に言われ追い出され(笑)
 
次に探したのが九州の福岡県。福岡では3年くらい作る工程だけをしていました。いわゆる工場のような場所でガラスを作るときは5、6人で行うのですが、そうなると流れ作業で一部しかやらせてもらえないんです。
その後、違うところを探して神奈川県の横浜の工房が雇ってくれました。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

PICKUP POSTS

MOST VIEWED POSTS